目指せ!無理せず-5キロダイエット。

ジムを選ぶ

ダイエットや肉体改造にはジムが最適であると言ってまいりましたが、何となくジムには手を出しづらいと考え込む方が多いようです。

 

さて、確かに高額な月額費用を請求する高級フィットネスクラブはありますが、すべてがそうではありません。現在は庶民向けのジムが多く展開されているため決して雲の上の存在では無くなっているのです。

 

多くのジムが点在する中、最適のジムを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。最寄のジムに通うのも決して悪くはありませんが(通いさすさはモチベーションを左右するので大切です)気になるのは何と言っても会費でしょう。先ほども述べた通りジムによって様々であり、さらにいくつかのコースが枝分かれになっている場合もあります。例えば、月に何回通えるかによって料金が違うコースや月に何回行っても同じ金額と言う定額コースなどが。数千円程度のコースが比較的多いですが、無制限に利用できるコースとなるとやはり少々月額もはずんできます。

 

今ではネットから申し込めたりと色々便利ですが、実際に使ってみないとわからないことも多いと思います。ジムによっては無料もしくは小額で体験ができるところもあるので積極的に利用してみてください。

 

入会時には、会員証を製作する為の写真や会費の引き落としがされる金融機関の詳細・本人確認のための書類等が必要になります。

 

良いジムを選びたいのであれば、とにかくジムと相談してみる事です。それぞれのジムによって、キャンペーン内容やお得な情報は違いますし月額もかなり違ってくるので細かくチェックしておきましょう。

 

 

 

会費には少し抵抗がある・・・

そう思って自宅トレーニングに励んでる方も多いのでは?

 

会員制のシステムは縛られている感じがして抵抗を感じる方が多いと聞きますが、気持ちは理解できます。会費だと忙しくてジムに通えなかったときに損をした気分になりますし、かといって都度払いをしていると費用がかなりかさむ場合があります。

 

そんな方におすすめなのが市区町村の運営するスポーツジムです。もちろん企業が運営するトレーニングジムやフィットネスジムのような充実したサービスはありませんが、環境は整っています。場所によってはプールも完備されており設備は申し分ありません。

 

ただしやはり専属のトレーナーをつけて欲しい、栄養管理をしてほしいという場合は、民間のジムのほうが適しています。

 

市区町村の運営するジムは場所にもよりますが、1時間の使用料が200円前後と非常にお手ごろです。一方で、民間のジムは月々の料金が5,000円〜20,000円と幅があり、それに加えて入会金などがかかることがほとんどとなります。ヘビーユースの予定であれば月額制でクオリティの高い民間のジムを検討しても良いかもしれません。